さくら色の季節にひと頑張り・春風とあたたかい空気で

4月は雪どけの季節、空気もさらさらと流れる感覚で暖かいですね、

寒さが暖まるには数か月要しますが、4月上旬のさくらウィークは20℃です。

冬の寒さを通過すると春の暖かさは気持ちのよいものでほのぼの、

のんびりすごす毎日でもリズムがスローですから室内でもちょっとの運動。

気持ちが緩いと動きものんびりでテンションとしては低め、課題があるという時にはこういう気分をアップするのに運動で調整します。

気楽さでいえば時間があるのだからのんびりでもよいけれど、日々の老化防止とかアンチエイジング効果を考えるなら思考も身体も適度に。

暖かい春はさくらもきれいで情緒にまったりひたったりしますが、たまにギュッと構える姿勢も必須、

暢気ばかりですごせないのが日常です。

ゆったりすごす時間は身体やすめと考えてある程度、リラックスと感じれば課題と向き合うのがよい人間性づくり。

スキルとか毎日すごす術としても、このリラックスと動きのバランスがポイント、

疲れたら昼寝でウトウトするのもよいし、元気が回復したら体力の範囲内で消化してみるといい。

こういう消化の時間を後々ふり返ってみるといい効果だったと感じるもの、この時期の春風とかさくら色の気分で通過できるでしょうと思う。

さくらとか新緑の芽吹きなど冬よりいい要素もあるし、緩んだ春の体質で動きやすい、散歩のウォーキングも空気がいいなと感じます。

年度という一年を通過するにはこの季節が肝心、始めよければという人生訓のように構えたい春時期です。

さくら色の季節にひと頑張り・春風とあたたかい空気で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です