メガネ店に行くとつい新しいメガネを買いたくなってしまいます。

先日、人にぶつかった拍子にメガネの鼻の部分が少しつぶれてしまったので、メガネ店に直してもらいに行ってきました。

小学生のころに視力が下がってメガネをかけ始め、大学生になったときはいったんコンタクトをはめるようにもなったのですが、

目が痛くてコンタクトがはめられなかったときに久しぶりにメガネで生活したらメガネがとにかく楽で、

またメガネ生活に戻ってしまいました。

メガネを普段からかけるようになって困ったのが、メガネ店に行ったり店の前を通ったりすると、

つい新しいメガネがほしくなってしまうことです。

自分は視力が悪くてメガネをかけているのでおしゃれの一環としてメガネをポンポン買うことはできないのですが、

きれいな色や変わった形のフレームを見つけるとついつい目がいってしまいます。

自分が小学生のころはフレームにそれほど種類がなかったと思うのですが、

先日メガネ店に鼻の部分を直してもらいに行ったときにはカラフルでおしゃれな形のものがたくさん並んでいて、

直しに行っただけなのにすぐにほしくなってしまいました。

今自分がかけているメガネは濃いブルーで、フレームの枠もレンズの形も細いものです。

なので枠が太く、鮮やかな色のフレームに心惹かれます。

赤と緑がとくに気になったのですが、そのときはお金の持ち合わせもそれほどなかったので堪えました。

ただ次に店に寄ったら本格的に購入を考えそうで怖いです。

子供のころはメガネがコンプレックスの時期もありましたが、今はいろいろなメガネを試したいという気持ちの方が強くなっているように思います。

メガネ店に行くとつい新しいメガネを買いたくなってしまいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です